「小さなゴンドラの叶わぬ願い」訪問:2014年6月某日

 

朝から土砂降りの雨で、おいおいこんなびしょびしょで撮影できるんかいな・・とか思ってたけど絶好調でした。雨粒がいい仕事してくれた。

 

f:id:huyunoumi:20141025203811j:plain

キャパ15人ほどといったところだろうか、ちいさなゴンドラがそこにいた。

ゴンドラのサイズにくらべホームは広めである。

f:id:huyunoumi:20141025203817j:plain

f:id:huyunoumi:20141025205131j:plain

 

2台のゴンドラが行き来するつくり。天井の構造もみごと。

f:id:huyunoumi:20141025205132j:plain

相方の「くもとり」号はダム湖の向こう側。再会の願いは叶わない。

さて、駅舎?の中へ。

 

f:id:huyunoumi:20141025203807j:plain

天井が高い!入場券を切ってもらえそうな。

 

f:id:huyunoumi:20141025203809j:plain

 三つ仲良く並んだ小便器。ひとつ割れて悲しそう。

f:id:huyunoumi:20141025203808j:plain

f:id:huyunoumi:20141025205133j:plain

 

中は割れたガラスが散らばり危険、、食堂の跡も荒れ果てている。

 

ロープウェイの設備室へ。営業してたらまず入れないだろうな。

f:id:huyunoumi:20141025205134j:plain

f:id:huyunoumi:20141025205135j:plain

f:id:huyunoumi:20141025211804j:plain

 

鉄とコンクリートとガラスの無機質な空間に力強い二輪・・今にもまだ動き出しそう。

f:id:huyunoumi:20141025204318j:plain

 

f:id:huyunoumi:20141025204317j:plain

 

ゴンドラのディティール。

f:id:huyunoumi:20141025204315j:plain

 

ゆったりとした大きなRがとられ愛らしいデザイン。

こんなふうに景色を切り取ってみせてくれる。

f:id:huyunoumi:20141025204312j:plain

f:id:huyunoumi:20141025203815j:plain

f:id:huyunoumi:20141025204311j:plain

 

f:id:huyunoumi:20141025204313j:plain

 剥げかけた浅縹色や橙の塗装は木々の緑に溶込む。

 

f:id:huyunoumi:20141025203812j:plain

わくわくする。

f:id:huyunoumi:20141025203813j:plain

f:id:huyunoumi:20141025203814j:plain

f:id:huyunoumi:20141025203816j:plain

f:id:huyunoumi:20141025204319j:plain

 

朽ちてゆく運命の廃線がとても瑞々しい。

高度経済成長の余韻がまだ残っているようだった。

 

f:id:huyunoumi:20141025204320j:plain

 

さようなら、また会う日まで。