先日「長門」の事に触れた。
もう、戦争の事に触れるのは懲り懲りなのだが、
何故なら匿名になればいきなり強くなる。
左手のパンチを食らう、
が、それもブログを趣味とは思わず、
修行と捉えれば当然の事となる。


で、書こう、
「長門」やはり「大和」よりは取り上げれないにしても、
良くご存知の戦艦、
ハリウッド映画「トラ、トラ、トラ」にも登場する。
この「トラ、トラ、トラ」
アメリカ向けと日本向けの2本が存在する。


その日本向けに「渥美清」そうご存知「寅さん」が出演している。
炊事兵の役どころなのだが、
このセリフ、「松山英太郎」氏とのやりとりなのだが、
意味深なセリフなのだ。
これも又もう一つの戦争のような・・・


公開は1970年、当時私は7歳だった。
しかし1970年頃なら「渥美清」さんも忙しかっただろう、
しかもこの映画途中までは日本側監督は「黒澤明」氏だった。
話が長くなるので・・・


又「サイボーグ009」第16話
「太平洋の亡霊」にも登場する。
こちらも名作、
そしてこれをご存知だろうか、


「何でも鑑定団」にこの「長門」の軍艦旗が登場する。
評価格、何と1000万円、
なのだがそれを司会者の「石坂浩二」さんが買い取り、
呉市海事歴史科学館に寄贈する。
石坂さんは多くの人に見て頂こうと、
援軍を出されたのか、
それも又もう一つの戦争・・・


しかし有名は軍艦ばかり取り上げないで、
小さな船の物語も聞きたいものだ。
・・・え、私が・・・


そんなに知識がありません・・・
が、当時兵士に人気があった船に、
こういう船があります。

名を・・・


ごきげんよう、さようなら・・・